基礎知識

アルミニウム合金の概要・用途例

 合金 特性と概要  用途例
1050  成形性、表面処理性が優れ、耐食性はアルミ合金中最良である。強度は、純アルミニウムであるため低い。  日用品
照明器具
1100  AL純度が99%以上の一般用途のアルミニウム。陽極酸化処理後の外観が、やや白ぽっくなる以外は上記と同じ。 建材、器物、キャップ 
2011  快削合金。切削性が優れ、強度も高いが耐食性が劣る。 光学部品
ねじ類
2017
2024
 Cuを多く含むため、耐食性は良くないが、強度が高く、構造用材として使用される。鍛造品にも適用される。 ギヤー
航空機 
3003  1100より強度が約10%高く、成形性、溶接性、耐食性に優れる。 器物、フィン
5005  3003と同程度の強度があり、加工性、溶接性、耐食性が良い。陽極酸化後の仕上りが良好で、6063形材とよくカラーマッチする。 車輌の内装
5052  中程度の強度をもった最も代表的な合金で、耐食性、溶接性、成形性が良い。特に強度のわりに疲労強度が高く、耐海水性が優れている。 一般板金
船舶、車輌
5083  溶接構造用合金。実用非熱処理合金の中で最も強度が高い耐食合金で溶接構造適する。耐海水性、低温特性もよい。 船舶
低温用タンク
6061  熱処理型の耐食性合金。T6処理によりかなり高い耐力値が得られるが、溶接継手強度が低くなるためボルト、リベット構造用に使用される。 船舶、車輌
6063  代表的な押出用合金。6061より強度が低いが、押出性に優れ、複雑な断面形状の形材が得られ、耐食性、表面処理性も良好 建築、家具、家電製品
7075  アルミニウム合金中最高の強度を有する合金の一つであるが、耐食性は劣る。 航空機

アルミニウム ハンドブックより抜粋